見本市・展示会が開催されない時に、メーカーが建築家にアプローチする方法

対面でのやり取りなし。 出張もない。 見本市・展示会もない。 この時期、新型コロナウィルス時代の新しい生活様式の中で、世界中のメーカーは建築家にアプローチする新しい方法を懸命に模索しています。

見本市・展示会が開催されない時に、メーカーが建築家にアプローチする方法

しかし、建築家、エンジニア、請負業者、オーナー/事業主(AECO)は、現在の危機にどのように対応しているのでしょうか? そして、メーカーとして、どのように彼らのニーズに適応できるでしょうか? 実際に活躍している専門家の情報をもとに、この問題について考えてみましょう。

statistics BIMobject survey 2500+ AECO

この記事は、「見本市・展示会の中止」の概要です。 見本市・展示会のない時代に建築家にアプローチする方法。 このレポートは、新型コロナウィルスが建設業界のビジネスに与える影響に関する、3部構成のレポートの一部です。 この統計は、2,568人の建築家、エンジニア、請負業者、オーナー/事業主(AECO)によるアンケートに基づいています。 レポートの全文はこちらからご覧ください!

 

新型コロナウィルス時代の新しい生活様式: 見本市・展示会が開催されない時

2020年代は、環境破壊、政情不安、世界に大打撃を与えたパンデミックなど、最悪のスタートとなりました。 さらに悪いことに、2020年はうるう年でした。

新型コロナウィルスは、社会のあらゆる部分に広がる、前例のない世界的な危機をもたらしました。 建設業界にとっての問題は、ウイルスが人から人へと感染していくという、単純かつ重大なものです。 このような理由から、ソーシャルディスタンスを確保できないイベントに参加することはできません。

瞬く間に、世界中の見本市・展示会が中止されました。  

BIMexpo(マドリード)、Coverings(ニューオーリンズ)、Salone del Mobile(ミラノ)は全て中止となり、(おそらく楽天的な考えから )2021年に延期されました。 BAU(ミュンヘン)は別のアプローチを選択し、2021年1月に本格的なデジタルへの移行を決定しました。


人気を集める見本市・展示会が中止となり、メーカーは、新型コロナウィルス時代の「新しい生活様式」の中で、マーケティング、製品販売の方法について、現在も困惑しています。

 

見本市・展示会は通常の状態に戻るか? 

BIMobejctの調査によれは、建築、エンジニアリング、建設業界の専門家のわずか7%が、すぐにでも業界のイベントに参加すると回答し、43%は感染拡大が収束する、またはワクチンが広く行き渡るまで待ちたいと回答しています。

最近のワクチン開発に関する情報は、先行きの暗い見通しに明るい光を投げかけています。 このように言うと、いつかはすべてが「元通り」になると考えがちです。 しかし、私たちが知っている「通常」は、COVID-19が終わった後の「通常」とは違うかもしれません。

見本市は永久に行われないと口走らないように、警鐘を鳴らしたくはありません。 見本市・展示会は重要であり、必ず、いつの日にか再び開催されます。 しかし、具体的に、いつ、どのように、どのような形で、何の目的のために開催されるかについては、不明です。


出張無し、見本市・展示会も無し

パンデミックにより、衛生面の重要性が強調され、社会的な行動規範が新たに制定され、私たちは日常生活における潜在的な健康リスクを強く認識するようになりました。

誰もが、新型コロナウイルスのアウトブレイクの影響を受けています。 しかし、ある特定の業界(旅行業界)が新型コロナウィルスの感染拡大を招いた原因であると指摘されました。

しかし、これは私たちにどのような影響を与えているでしょうか? 見本市・展示会の運営には、移動が欠かせません。 来場者がいなければ、メーカーは新製品でAECOを感動させる機会を失います。 そして、見込み客との新しい関係を築くことが難しくなります。

大多数の建築家は、新型コロナウィルスの収束後も移動を減らすと予測

しかし、旅行業界や輸送業界の悪評がパンデミック後の世界にも影響するでしょうか? 残念ですが、おそらく影響すると言えます。 

  • 当社の調査によれば、55%の回答者がパンデミックの収束後も移動を控えるだろうと 回答しています。

 

前述のように、見本市・展示会は再び開催されるでしょう。 しかし、新型コロナウィルスによって、私たちは安全上の問題について慎重な姿勢を取るようになりました。 第1部のLIVE ウェビナー(録画あり)で、Veidekke Entreprenad社のVDC責任者Emil Augustusson氏が次のように述べています。 

「新型コロナウイルスの収束後も、見本市・展示会に出かければ、他の病気にかかるリスクに晒されることになります。 その結果、何週間も仕事ができなくなるかもしれません。 この新しい健康意識は、私たちが今後見本市・展示会に行くことができるか、あるいは行く気になるかに影響を与えます。」  

 Empty seats on a train. Travel under covid


建築家の46%がオンラインで製品をリサーチ

 

メーカーにとっての見本市・展示会の主な利点の一つは、新製品を展示し、新たな開発を公開する機会を得ることです。

しかし、

今回の調査では、期待値に大きな隔たりがあることがわかりました。 AECOは、製品調査のために見本市・展示会に参加しているわけではありません。 むしろ、45%が教育や会議のために参加しています。 

ここで疑問となるのは、次のデザインを優れたものにするために、彼らはどのように製品をリサーチしているのでしょうか? 46%は検索エンジンを使用していると回答しています。 わずか9%が見本市・展示会を頼りにしています。

この結果は、何を意味するでしょうか? つまり、製品の魅力を高め、リードを生成し、選ばれるには、デジタルプレゼンスを高める必要があります。

「メーカーがオンラインで建築家にアプローチするために、BIMオブジェクトの市場がどのように役立つか」についてご覧ください。

建設業界の新たな標準となりつつあるデジタルツール

パンデミック以降、世界はデジタルツールの導入で前例のない進歩を遂げています。 世界中の企業は、一日を通じてバーチャルの相手に対して対面で交流することを余儀なくされました。


多くの場合、建設業界は変化を好まず、技術的に遅れていると考えられてきました。 しかし、業界の専門家にとって、状況は変化し始めています。 AECOの52%は、パンデミックが仕事の「デジタル化推進」に大きく影響したと述べています。

Professionals working from home. Digitalisation

これは新型コロナウイルスによる一時的なものでしょうか? それとも、この傾向は今後も続くのでしょうか? 回答者の多くは、後者だと考えています。  

  • 61%が、新型コロナウイルスの収束後も より多くのデジタルツールを使用すると考えています。

製品販売でのデジタルツールの必要性

新型コロナウィルスの影響によって、デジタルツールの必要性が徐々にですが、確実に「新しい生活様式」の一部となりつつあります。 

AECOは、バーチャルなワークスペースと新しいツールに慣れ始めています。 彼らのデジタル成熟度は、日々高まり続けあなたもそれに追随することが期待されています。

保守的な建設部門にとって、現在進行中のデジタル化プロセスには課題と大きなチャンスが存在します。 しかし、最終的には「新しい生活様式」とその先に向けて、メーカーは建築家が対応できるように戦略の適応と新しいツールの導入を開始する必要があります。

 

統計の詳細と 業界の見識については、「見本市・展示会の中止: 新しい生活様式で建築家にアプローチする方法」をダウンロードしてください。

 

パート2は2021年第1四半期にリリースされる予定です。ご期待ください。また、LinkedInでフォローしていただければ、発売後すぐにお届けします。

トップにスクロールします